NGO会議

スンチョンに会場を移してNGO会議.各地の湿地の現状についての報告.CEPAでは,湿地に関する各地のコミュニケーションの事例など,どちらかというと明るい話題が多かったが,この日は開発の危機にさらされている場所の報告など,深刻な箇所からの報告が多い.諫早,韓国のセマングンの干拓や大運河計画,ビルマのShwe Gas Project,マングローブ林の破壊など.特に開発途上国での湿地の保全活動は困難が大きい.
f:id:kmokudai:20081026093325j:image:w250