寒冷地形談話会

寒冷地形談話会の卒論修論発表会.プログラムは,こちら
地形学全体のコミュニティーの規模に対して寒冷地形を研究しようという学生の数は多い.山や極域というアクセスの悪い場所にわざわざ行ってデータを取ってくるのだから,その努力が無駄にならないように丁寧にまとめてほしいと思う.
地質学では,露頭での観察,顕微鏡下での観察,地質図としての総合化という各段階で事実の記載を進めていく.学部の段階でそのトレーニングが行われている.一方,地形学は,地形を記載するということがどれだけ注意深く行われているだろうか.そのスキルは身に付いているのだろうか.そもそも教育体制が整っているのだろうか.というのが今回の参加した感想.