筑波大助教授論文盗用

朝日2月14日
論文は,書きたいから書くわけで,他人の書いたものを丸写しするという発想は,盗品を応接間に並べて見栄を張るようなものか.本人の虚栄心の問題かそれとも,研究成果を出すことに対するプレッシャーがそうさせたのか.
このような事件が起こると,「大学は,捜査機関ではないので云々」というような事を言う.しかし,論文盗用やデータ捏造というのは,研究コミュニティーにおける重大な背信行為である.そのため,その所属機関は,単に処罰するだけでなく,何でそのようなことになったのか,“科学的な”分析をして,公表するのが義務ではないか.