情報発信=放電

blogというシステムが現れたことによって,情報発信をすることを念頭において情報収集をするようになった人が増えたということは,興味深い.いわゆる研究者という人は,なにか面白いことはないかといろいろアンテナを張っている.人によりそのレンジに差はあるが,基本的な素質であろう.そういう習慣を多くの人が増えることはいいことだと思う.放電という表現が適切かどうかわからないが.
博報堂調査、2006年はブログやSNSで自己活性化する“放電生活者”が登場