読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオの<里>の環境学

最近,ボルネオで調査を始めました.大阪市立大学の祖田さんと「了解可能な物語をつくる―河川災害とつきあうために」という論文を書きました.書いたとはいっても,構成やほとんどの内容は,祖田さんのもので,そのうちの1節「地形学的知見からみたラジャン川」について,調査を一緒にさせていただいた関係で,連名とさせてもらいました.

祖田亮次・目代邦康(2013)了解可能な物語をつくる―河川災害とつきあうために.市川昌広・祖田亮次・内藤大輔編『ボルネオの<里>の環境学―変貌する熱帯林と先住民の知』55-94.昭和堂.4200円.

著者割りで購入可能です.ご興味があれば,ご連絡下さい.また書評を書いていただける方も募集しております.

ボルネオの〈里〉の環境学―変貌する熱帯林と先住民の知

ボルネオの〈里〉の環境学―変貌する熱帯林と先住民の知