上高地談話会

上高地の治山事業について,森林管理署の職員が発表.会場から自然公園内での治山事業はすべて無駄だという意見がだされた.森林管理署の職員は,その意見はその発言者だけの意見のように思っている様子だった.しかし,それなりの数の人が,同様あるいは似たような意見を持っていることは,最近の地球温暖化や生物多様性といった環境問題に対する世論をみていれば,わかると思う.その辺が読めていないとすると,社会からの支持が得られるような施策をうっていくことは難しいのではないか.