風力発電施設立地適正化のための手引き

主婦会館で,日本野鳥の会主催の,標記手引きの勉強会.
風力発電のための風車が各地に作られているが,そこに鳥が衝突するバードストライクの問題が発生している.環境省は,風車を設置する際にどのような点に留意すべきかという手引きを今回,作成した.鳥類の保護団体,研究者などを集め,文献調査,データ収集,分析をきちんとし,現段階で,おおよそ考えられるバードストライクに関する対策が網羅されている.
調査結果で興味深かったのは,飛翔頻度が高いからといって,必ずしもバードストライクが多く起こっているわけではないところ.この手引きでは,飛翔頻度と時間が多ければ衝突の起こりやすさは高いということを前提にしている.現在,パブリックコメントを募集中.
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12938