読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本山岳会シンポジウム

日本山岳会による主に屋久島の問題にフォーカスした世界自然遺産のシンポジウムに参加.場所は上智大.
f:id:kmokudai:20100613160446j:image:w150
屋久島では,近年登山者というか観光客の入山者数が増えている.現在ほとんどの観光客が,縄文杉へのルートの往復で,登山道や避難小屋,トイレなどが年間3万人程度の入山者数だったときのものとほとんど変わりなく,その10倍に近い現在では,様々な問題が起きている.これまで関連自治体,省庁,世界遺産の科学委員会などで議論がされてきたが,各地の山をみている登山者という視点でこの問題解決のための提言が何かできないかということで,このシンポジウムが開催された.
登山道やトイレのオーバーユースなど,問題が発生してから,現状を維持しつつ対応するという方法でこれまで公園管理が行われてきた.しかしそれでは,根本的な問題解決にならないので,いつまでも良い方向に転換していかないのだろう.