シンポジウム「博物館の地理学」

日本地理学会で,シンポジウム「博物館の地理学」.東大の小口さん,琵琶湖研の宮本さんと一緒にオーガナイザーをつとめる.開始時に数えたところ60名弱の参加者.どれくらいの人が集まってくれるのかと思っていたが,予想以上の参加者で一安心.講演者は,博物館で活躍されている方を中心にお願いしたので,みなさん,実践されていることや,普段考えていることなどを話して頂き,大変おもしろかった.数名の講演者のかたが,地理学の「つなぐ」役割が重要だということを話されていた.地理学と博物館とのこれからの関係を考えていく上でキーワードになるだろう.博物館に関わる地理の人で繋がるのも大事だろう.