地理学会の選挙

日本地理学会の選挙の封筒が送られてきた.日本地質学会では,選挙活動がおこなれていて,候補者がどのような学会運営をしたいのかということを理解した上で投票ができた.日本地理学会でも選挙活動をすれば良いのにと思う.その候補者が何をしたいのか分からないのに,選べというのは難しい.これでは,ただの人気投票だ.前の日本地質学会会長の木村学さんや,日本生態学会会長の矢原さんなどblogを書いて,情報発信をしていた.選挙活動ではなくとも,こういった活動により,その人がどういった考えをもっているサイエンティストなのか判断できる.こういったことができる人が,これからの科学者コミュニティーの代表になっていくのだと思う.
そうはいっても今回の選挙はどうしようもないので,期待を持てそうな会長,評議員を選ぶ.