諫早開門調査,国控訴.

諫早湾干拓事業で開門調査を命じる判決が地裁で出たのだが,国は控訴.この対応は予想されたものだが,その過程で首相が判断を放棄している.この今回の首相の対応は問題だろう.意志を表明しないということは,この事業はおかしいと思っているが,それを表に出すのは立場上できないということなのだろうか.この干拓事業の問題は,すでに省庁レベルの問題ではない.
毎日新聞08年07月11日
裁判に関連した動きは,後藤富和さんのblogに詳しい.