徳山ダム移転先地盤沈下

朝日新聞08年7月3日
水資源機構が,ダム建設に伴って移転した住民らに,移転先の地盤沈下現象に対する説明の際,研究者が調査したかのような説明をしていたという問題.水資源機構の職員の意識は,研究者の説明は,自分たちに都合が良ければ使うというものだろう.普段からそういった意識で,接しているため,自分たちの仕事を肯定するあるいは,楽にするために,実際に調査などしていないのに研究者の名前を出して調査が行われたような説明をしてしまうのだろう.土木行政担当者の,住民軽視,研究者軽視の現れだろう.