引き続きワークショップ

グループディスカッションで,つっこんだ議論.どう見せるかは別として,科学そのものの持つ危険性や独善性を科学館,博物館関係者は認識しておく必要があるだろう.