赤色立体地図

4774128341活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹
アジア航測株式会社 千葉 達朗
技術評論社 2006-07-14

by G-Tools

内臓マップともいわれている赤色立体地図を使って,日本各地の詳細な火山の地形をみせている.航空レーザー測量という手法は,日本のような植生が繁茂している地域では,これまで誰も見ることができなかった地形の詳細を鮮やかに描き出す.この本の中でも1 mメッシュデータを使っている赤色立体地図の立体感はすごい.多くの研究者は,地形図や空中写真を用いての全体を観察し,それに現地踏査や各地の事例の観察事実を組み合わせ,さらにアナログモデル実験などによって,その地形のイメージを頭の中につくりだしている.しかし,この本の著者の千葉氏によって考え出された赤色立体地図は,だれも見たことのない本当の地形の姿を見事に描き出している.
1 mメッシュデータの高精度さに比べれると,各地の火山の赤色立体地図は,元のデータのメッシュ間隔が粗いため画像が粗い.やがて日本全土のデータが整備され,あらゆるところの赤色立体地図を見ることができるようになる日が来ることを望みたい.