つくばセンタービル

注文していた古本が到着.磯崎新のつくったつくばセンタービルは,ポストモダニズム的建築として語られる.この本は,そのつくばセンタービルについての言説をまとめたもの.磯崎の書いたものと,当時の「新建築」,「建築文化」などに掲載されて記事によって構成される.
私は,つくばに来た当初,つくばセンタービルとは一番高い三井ビルのことだと思っていた.つくばセンタービルが,その向かいにあるビル群のことだと知ったのは,つくば2年目になってからである.つくばセンタービルの真ん中は,へこんでオープンスペースになっている.これは「ネガティブな中心の表明」ということらしい.だとすれば,高く聳え立ちランドマークになっている三井ビルはモダニズムの象徴ということか.