成功術 時間の戦略

“ある火山学者のひとりごと”で,このような書き込みがあった.

私のこれまでの研究者としての経験知を、すべて注ぎ込みました。これから自然科学で身を立てようと頑張っている若者たちに、ぜひ読んでいただきたいと考えています。

火山学者として有名な鎌田浩毅である.それならば,と大学会館へいって,買ってきた.平積みの最後の1冊だ.
この本では,自分の生き方の特に「戦略」的な部分のエッセンスを集めて1冊の本にしている.ここでの成功は,「人間としてのトータルな成功」のことである.研究は,未知の世界を切り開いていくことである.それはクリエイティブな仕事であり,芸術とよく似ている.芸術家が人生をいかに生きるかがその作品の質を決めていくように,研究者もいかに生きるかで,その成果が変わってくる.(まだ続く)

成功術 時間の戦略 (文春新書 (443))

成功術 時間の戦略 (文春新書 (443))