成田空港

成田闘争をいまでも感じさせる建物。 団結小屋 - Wikipedia

Wordでのページ番号を挿入しない方法

Microsoft WORDで、表紙と目次にはページ番号を振らずに、本文にページ番号を振るには、セクションを分けた上で、「前と同じヘッダー/フッター」ボタンをオフにする。 dekiru.net

2017謹賀新年

男鹿半島アザミ訴訟

放送大学「現代環境法の諸相」第2回目. 男鹿半島アザミ訴訟.主張の一つ.自然環境を保護,保全,研究する権利としての自然環境共有権の侵害.「現代型訴訟の諸相」に記事有り.

GPにおける神話の扱い

小林祥泰島根大特任教授がくにびきジオパーク構想の趣旨説明の中で、「朝鮮半島に逃れた中国古代の商王朝神官の末裔まつえいを、貴種を求めていた素戔嗚尊すさのおのみことが娘婿として出雲に招いたのが大国主命では」と仮説を挙げ、「歴史・文化の物語性を…

日本地理学会シンポジウム「ジオパークを通して考える科学と社会の関係」

3/22に早稲田大学で行われた日本地理学会春季大会のシンポジウム「ジオパークを通して考える科学と社会の関係」。地理学会会員でない人にも、多数講演していただき、いろいろ考えることができました。 松尾先生の話しについては,地域の自然環境保全とまちづ…

2016謹賀新年

2015年もお世話になりました.昨年は古今書院から「シリーズ大地の公園」を発行させることができました(九州編,関東編が遅れていますが).また,電子ジャーナルの「ジオパークと地域資源」もどうにか,軌道に乗せることができそうです.皆さんには近々お…

新刊「中部・近畿・中国・四国のジオパーク」

古今書院が出している「地理」で,2011年5月から2013年8月にかけて,「ジオパークを歩く」という連載を行った.この連載は各地の人にそれぞれのジオパークの見所を紹介してもらうというものだった.その時,その連載を全4巻のシリーズものにして古今書院が発…

助成財団に関する研究

現在の勤務先は,助成財団なのだが,助成財団を対象とした研究は,それほど多くない.それぞれの財団のカラーがあるため,一概に傾向を論じにくいが,そうであっても研究動向やその時の社会情勢などをよく反映した採択案件になっているため,そういったデー…

日本ジオパーク全国大会南アルプス大会

日本ジオパーク全国大会が,南アルプスジオパークで開催された.そこで分科会「ジオパークとユネスコエコパーク」のオーガナイズを行う. 当日の講演者のスライドは(協力が得られれば) 講演の記録: 日本ジオパーク南アルプス大会分科会E にまとめる予定. …

International UNESCO Conference on Global Geoparksの発表

カナダストーンハンマーで9/19〜22の日程で,International UNESCO Conference on Global Geoparksが開催される. 最近,北海道地図とつくったジオパークカードについて発表.もともとこの企画は,私のカード好きに由来するが,その後いろいろかんがえてみる…

災害を題材にした小説・ルポ

課題用リスト. 1. 吉村 昭「三陸海岸大津波」 2. 吉村 昭「関東大震災」 3. 井上 靖「傾ける海」 4. 井上 靖「小磐梯」 4. 三浦綾子「泥流地帯」5. 石黒燿「死都日本」6. 石黒燿「震災日本」7. 石黒燿「昼は雲の柱」→「富士覚醒」8. 高嶋哲夫「東京大洪水」…

フィールドワークの醍醐味とジオツーリズムの潮流

G空間EXPO2013 地理空間情報科学で未来をつくる 日本地理学会主催シンポジウム 地理の魅力再発見!~未来を創る地理教育~ 会場:日本科学未来館イノベーションホール 招待講演 『フィールドワークの醍醐味とジオツーリズムの潮流』(講演要旨) 宇宙の歴史…

三保の松原の海岸侵食

三保の松原の海岸侵食 http://shimizu-kaigan.net/PDF/2011/20120321_document.pdf

ボルネオの<里>の環境学

最近,ボルネオで調査を始めました.大阪市立大学の祖田さんと「了解可能な物語をつくる―河川災害とつきあうために」という論文を書きました.書いたとはいっても,構成やほとんどの内容は,祖田さんのもので,そのうちの1節「地形学的知見からみたラジャン…

GPSのデータ吸い出し

誰のお役にもたたないと思いますが,自分のための,GPSmate76からデータ吸い出しに関してのメモ. RS-232CにUSBをつなげているだけなので,設定はRS-232Cで行う.USBではない. COM3. カシミールを使用.KMLに変換. http://www.opengis.co.jp/htm/basic/ga…

サイエンスアゴラでワークショップ

日本の各地のジオパークにおいて,考古学者の参画があまり進んでいない.行政担当者の中には,考古畑の方がいらっしゃるのだが,その方達は,ジオパークをやるということで,地学のことを理解しなければと考え,アウェーな感じで仕事をされているようである…

ワークショップ 「自然の遺産としての加奈木のツエ」

以下のワークショップを開催致します.ご興味をお持ちの方は,是非,ご参加下さい.ワークショップ 「自然の遺産としての加奈木のツエ」 目的:四国の室戸半島には,加奈木崩れという大規模崩壊地が存在する.ここは,以前より,崩壊について研究が進められ…

Jpgu2012

Jpguで発表. 2012jpgu

古本の書き込み

最近,古本を通信販売で買うことが多いのだが,つい先日買った2冊がどちらも書き込みのある古本だった.一方は,私の蔵書の中で,最上級の扱いをうけるものとなり,もう一方は,店に送り返して返金して貰った.前者は,貝塚ほか(1963)「日本地形論(上)」…

地理学会ICTシンポ

日本地理学会のシンポジウムでの発表スライドを公開. 2012ajgspsympo趣旨説明 View more presentations from Pro Natura Foundation Japan 2012ajgsympo View more presentations from Pro Natura Foundation Japan

北海道の環境と地学

北海道は,日本列島の中で南西諸島とならび豊かな自然環境が広がる大地である.亜寒帯(冷帯)の気候に属し,かつての氷期の影響を受け,生物相や地形などが本州と異なる.地理学や地質学,生態学にとっては非常に興味深いフィールドであり,これまで多くの…

謹賀新年

旧年中はお世話になりました。 昨年は,誠文堂新光社より「地形探検図鑑」を上梓しました。日本地理学会のジオパーク対応委員会で,秋にシンポジウム「九州のジオパーク」を企画しました。地学雑誌(東京地学協会)と地図(日本国際地図学会)でジオパークの…

新石垣空港

東京高裁で控訴審.

学会入会年月日

日本第四紀学会 1992(平成4)年7月1日 渉外委員 アウトリーチ委員会 東北地理学会 1995(平成7)年9月29日 日本地理学会 1996(平成8)年5月11日(正会員は2002年9月7日) ジオパーク対応委員会委員 日本地形学連合 1998(平成10)年6月1日 日本応用地質学…

有珠山ジオパークガイドブック

世界認定 洞爺湖有珠山ジオパークガイドブック作者: 北海道新聞社,道新=,北海道新聞=出版社/メーカー: 北海道新聞社発売日: 2011/10メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログを見る 北海道新聞社の記者の方が書かれたジオパークガイドブック.フ…

津波マップ

東日本大震災津波詳細地図〈上巻〉青森・岩手・宮城作者: 原口強,岩松暉出版社/メーカー: 古今書院発売日: 2011/10メディア: 大型本 クリック: 18回この商品を含むブログ (5件) を見る 東日本大震災津波詳細地図〈下巻〉福島・茨城・千葉作者: 原口強,岩松暉…

神保町加賀廣

神保町の加賀廣で地形紀行冊子体,完成祝賀会(?).石川さんより本をいただく. 日本の居場所がよくわかる 東アジア地図帳アイランズ編 今谷明、樋口広芳、石川剛 草思社 2011-10-22by G-Tools

CSISポスター

Csis2011poster View more documents from Pro-Natura Foundation, Japan

白岩さん講演会

東京地学協会の秋季講演会で,北大の白岩孝行さんのお話し.タイトルは,「魚附林の地球環境学:溶存鉄を介した陸海物質・生態系連環」.地球研でのプロジェクトで進められたアムール川−オホーツク海−親潮域を結ぶ物質循環について,陸域の森林を巨大魚附林…

新刊

地形探検図鑑: 大地のようすを調べよう (子供の科学★サイエンスブックス)目代 邦康 本でました.ご興味が有ればお買い求めください.

日本地理学会巡検

横山勝三さんと阿蘇たにびと博の梶原さんに,案内していただいた阿蘇の巡検が無事終了.

シンポジウムの趣旨説明

趣旨説明 from Pro Natura Foundation Japan

オーストラリアのgeoheritageのインベントリー

先日書いた論文に引用すべきだった。 http://web.earthsci.unimelb.edu.au/Joyce/geology/JOYCE%202010%20Australias%20Geoheritage%20journal.pdf

地図の公開

「地図」とは,日本国際地図学会の機関誌のことである.この学会誌は,毎号添付地図がつくのが,売りである.7月19日に,Journal @rchiveで,地図が公開された.論文だけでなく,付録の添付地図もである.折り目が着いてしまっているのは,多少残念だが,そ…

地熱発電

「昭和47年に通産省と環境庁のあいだで結ばれた国立公園内の地熱発電の開発の凍結に関する覚書」河野太郎のサイトより.http://www.taro.org/2011/07/post-1047.php

新石垣空港裁判

自然環境の保全問題に関心のある人にはよく知られている,石垣新空港問題.石垣空港が将来手狭になるだろうから,あらしく新石垣空港を作ろうと,白保のサンゴ礁を埋め立てて空港をつくる計画があった.これには,地元,国内のみならず,世界的に反対運動が…

引用された文献

北沢さんが書かれた論文に,以前産総研で行っていた実験の報告が引用された.記録として残すために,引用された文献を今後,blogに書くことにする.■が引用元で□が引用してくださったもの.以前のものもついで調べてみる.(追記:自分でかいたものの含める…

JPGU2011ソーシャルメディアセッション

24日に,JpGUの「ソーシャルメディアと地球惑星科学」というセッションで発表をした.発表スライドは,先日の記事にある.結構な数の人が,セッションの前からと,セッション中にツィートしていたので,まとめサイトを作ってみた. http://togetter.com/li/1…

JPGU2011

JPGUのソーシャルメディアセッションで発表.今回は直前まで話す方針が固まらず作り直していたので,事後公開. jpguWiki

JpGU2011ポスター発表

2010年にサイエンスアゴラで実施したジオパークについてのワークショップの内容について,明日のJPGUでポスター発表.ポスターが出来たので事前公開.アンケートを行ったのだが,その結果は盛り込めず.後日,どこかにちゃんとしたモノを出す予定ではいるが…

寒冷地形談話会やり直しシンポ

明日の寒冷地形の発表用スライド. geoecology

地形の保存

http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/kimata/neofault.htm

諫早シンポジウム

干潟を守る日2011として,諫早干潟緊急救済本部と有明海漁民・市民ネットワーク主催で行われたシンポジウムに参加.2010年末の東京高裁で諫早湾を締め切った潮受け堤防開門の判決がでたが,農水省は環境アセスが必要として未だに開門をしていない.このよう…

学会はどこを向いているのか

公益社団法人 化学工学会「大震災による東日本の電力不足に関する緊急提言」 http://www.scej.org/content/view/1160/27/ 社団法人 日本気象学会「東北地方太平洋沖地震に関して日本気象学会理事長から会員へのメッセージ 」 http://wwwsoc.nii.ac.jp/msj/ot…

東京

東京について調べもの 落語地誌―江戸東京“落語場所”集成作者: 栗田彰出版社/メーカー: 青蛙房発売日: 2010/08メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (3件) を見る 江戸城と大名屋敷を歩く (こだわり歴史散策)作者: 滝尾紀子出版社/メーカー: …

いのちつながれ小笠原

東京都獣医師会による都民公開シンポジウム「いのちつながれ小笠原」に出席. はじめに,鳥類研究者である森林総研の川上和人氏による島嶼の野生生物保護の考え方についての基調講演.その後,小笠原自然文化研究所の鈴木創氏による,現在のイエネコ対策の実…

伊那シカシンポジウム

「ニホンジカ被害対策合同シンポジウム」に出張.南アルプス食害対策協議会の活動報告を市民向けに公開して行ったシンポジウムである.今回は,基調講演のほか,霧ヶ峰と八ヶ岳のシカ対策の担当者も講演をし,それぞれの地域でどのような対策が行われている…

東京科学散歩

都内の名所巡りに,ゆるい科学的な解説をくわえた本.よく知られた場所が選ばれていて,科学に興味のない人でもうんちく話として楽しめる. 1ヶ所,気になったのは,パワースポットを扱ったところで,ゼロ磁場に言及していること.そもそも「ゼロ磁場」その…

首都大博士論文公聴会

首都大の博士論文公聴会におじゃまさせてもらう.齋藤仁さんの"Geographical Information Studies on the Causes of Shallow Landslide Initiation in Japan -Analysis of Geomorphology, Geology, and Rainfall for the Real-Time Assessment -" (日本列島…